土地付き住宅と財産

土地付き住宅と財産

Q、私は、父が居住の用に供していた土地付き住宅を20年前に父から相続し、その住宅に今日まで30年以上居住し続けてきましたが、この際、次のような条件で現在の住宅を売却し、その代金の一部で郊外に建売住宅を購入して住み替えたいと思います。買換えの特例を選択した場合の税金はどの位になりますか。

土地付き住宅

また、買換えの特例を適用しない場合はどうなりますか。

①譲渡収入金額、3億円。
②譲渡費用、900万円(仲介手数料)。
③買換資産の購入費用2億円(居住用土地建物)。
④譲渡する居住用財産を父がいくらで取得したかは不明。
⑤本年の課税総所得、600万円。

なお、買換資産の購入費用が1億円の場合はどうなりますか。

A、今回譲渡する居住用財産については、
①所有期間10年超の居住用財産で、自己が居住の用に供しているものであること。
②父から相続により取得したものであり、しかもその相続の直前には父が居住の用に供していたものであること。
③その居住用財産における居住期間は、30年以上であること適用要件を満たしていることが確認されますから、居住用財産の買換えの特例が適用になることになります。
その場合の土地の所得税と住民税の額は、2、730万円となります。ここで、買換えの特例を適用しないで、長期所有の居住用財産の軽減税率の特例を適用しますと、4、680万円となり、このケースでは、買換えの特例を適用した方が1、950万円有利となります。

居住用財産

次に、買換資産の購入費用が1億円の場合は、買換えの特例を適用しますと、1、040万円不利となりますので、このケースではこの特例を選択しない方がよいことになります。
結局、譲渡資産の譲渡価額と買換資産の取得価額との開差が小さいような場合には、買換えの特例を選択した方が当面の税負担が軽くなることになります。

名称未設定 7

兵庫県にある、雲雀丘花屋敷エリアは東京の田園調布のモチーフになった、四季折々が美しい阪神間でも有名なお屋敷街です。自然環境も豊富で、周辺環境もとても充実しております。交通面も良好です。大阪や宝塚方面へも3、40分ほどで行けますよ。阪急線とJR線があるのも、便利ですね。雲雀丘花屋敷エリアの不動産情報なら、是非当社にお問い合わせ下さい。素敵な暮らしを雲雀丘花屋敷で実現致しましょう!お気軽にお問い合わせ下さい。

東京都内でありながら、豊かな自然が残る江戸川区。またその反面、都市機能が充実しており、交通利便性、生活環境が整っています。豊かな自然と充実した都市機能が共存する江戸川区では、快適な暮らしができるでしょう。通勤や通学、日常の買い物で不便さを感じず、休日には緑豊かな公園や江戸川の河川敷で、体を休めることもできます。そんな江戸川区で一戸建て購入をご検討しませんか?こちらのサイトでは江戸川区内にある一戸建て情報をご紹介しております。当サイトにアクセスし、ご希望の物件や気になる物件があれば、お気軽にご連絡下さい。

豊かな自然と充実した住環境を有する海老名市。海老名駅を中心に宅地開発が進められ、商業施設や公共施設などが充実しました。現在は住み良い街へと変化しており、人口約13万人を有しています。そんな海老名市で快適な暮らしをしませんか?こちらのウェブサイトでは海老名市内に立地する新築一戸建て情報をご紹介しております。数多くの物件情報を取り扱っているので、きっとご希望の条件に適した物件が見つかるでしょう。ご希望の新築一戸建てだてを見つけ、海老名市で快適な暮らしをしましょう。